>

建て売りと注文住宅の違い

住宅はデザインだけでなく予算が重要

初めて購入する理想の住宅はデザインだけでなく、無理のない予算がポイントになります。
全ての材料にこだわると予算をオーバーする可能性があるので、こだわるぽインを決めておくと注文住宅の予算をおさえる事が可能です。

最近はセミオーダーが可能な建て売り住宅があるので、予算をおさえていてもデザインや内装にこだわる事が出来るタイプの商品が販売されています。
一つの会社で決めずにいくつか候補となる不動産会社を見学するのが大切です。

それぞれの会社の特徴を比較して予算と好みがあう住居を探すのがポイントになります。
建て売りが比較的に手頃な価格で販売されている理由は数多く建築するからであり、個性を求める方は注文が適しているのです。

購入後を考えた選択

理想の住宅の条件の一つに、購入後のリフォームが可能かどうかがあります。
建て売りにしろ注文を選択する場合でもこの点に注意が必要です。

住宅はある程度生活をしていると家族の状況や老朽化でリフォームをする必要があります。
リフォームをしやすい住宅や間取りである事が利便性が良い家の条件に該当するのです。

販売会社や工務店にリフォームを見据えたうで、購入前に質問をするようにします。
建築して30年程度したら大幅な補修が必要になるケースがほとんどです。
それ以外に子供部屋など用途が変わった時や、住んでいる家族の変化に対応できるようにします。
高齢になるとバリヤフリーにリフォームが可能な住宅にしておくと対応がしやすく便利です。


この記事をシェアする