>

何を優先したいのか

モデルルームと設計図

初めて自分の住宅を建てる方は、出来るだけ具体的に出来上がりをイメージできる事が大事です。
建て売りの場合はモデルルームや完成予想図で出来上がりを確認します。
注文の場合は設計図や立体模型で具体的なイメージを予想するのが違いです。

より正確な出来上がりのイメージをしやすい方法や会社を選ぶようにします。
最終的な仕上がりが自分の希望とあっているかがポイントです。
好みの建築家に依頼をしたり、建築途中を見学できる事前に確認をします。
イメージと違うと理想とかけ離れるのでできるだけ何回も様子を見るのが大事です。
見学をいやがる工務店や販売会社は、契約をする際にトラブルになる可能性があるので出来るだけ避けるように用心をします。

総合的なバランス

理想的な住宅は総合的なバランスがとれている物件です。
コストパフォーマンス以外に立地や利便性が大切になります。

建て売りの場合は販売会社が街づくりを考えて多くの戸数を販売しているケースがあるので事前の調査が必要です。
注文住宅はこだわりだすと費用がそれだけかかるので、ある程度事前にコストを考えて希望を工務店や建築家に話します。

いずれ必要になるリフォームを予想した家づくりが大事です。
年齢がいった時に生活しやすい住宅が理想的な住居の条件になります。
新婚家庭や子供が小さい時に建築する家と、その後の間取りの変更が可能かどうかは利便性に影響するポイントです。

デザインや予算以外に安全性や将来のリフォームなどトータルのバランスが取れている物件が理想の住宅になります。


この記事をシェアする